地点のピン Pointed Pin

Photo: Fumihito Nagai © COMITÉ COLBERT JAPAN, Tokyo University of the Arts

あるテリトリーのなかで集められた複数のファウンドオブジェクトを、そのテリトリーで即興的に合体させることで、出来たピン。収集した素材を、紐で巻いたり、穴に刺したり、ただ重力にまかせて置いてみたりと、モノのユニークを手がかりにしたプロセスをとっている。 
これらの脆いオブジェクトは、それぞれの場のもつ性格の影響をみせている。たとえば、工事現場付近では、導線、石、朽ちた箒を収集した。これらのピンは、それを採取した地点によって育てられた、地霊のあらわれである。

Dimensions variable
木、石、紙、プラスチック、陶器、導線